TV-CM、R-CM、新聞広告、雑誌広告、折込ちらし、Webまでトータルな広告戦略をご提案する名古屋の総合広告代理店「ネクサス」

2008年7月アーカイブ

酒とだじゃれとおやじと青年

趣味や遊びの広告ではなく、

プロの仕事としての広告とは、なんぞや?

 

まだ若く、ようやく広告の仕事にも慣れ始め、

取り柄と言えば、かたくなな生真面目さだけの青年は、考えた。

本物の良いアドマンになるには・・・

 

何をどうしたら良いのだろう?

周りを見、聞き、走り、ころがり

日々の時間に流れ流され

青年は絶望的な難問に、打ちひしがれた。

 

ある日、あるクライアントが、酔っ払いのがなり声で青年に言った。

「あんね、そりはね、ドアマンじゃなくアドマンを目指せばいいんよ」と。

 

少し経験を持った広告マンがよく陥りがちなことですが、

様々なクライアントのドアの前で口先八丁手八丁で

お客を呼び込むことばかりに躍起になり、後はしらんぷり。

つまり、広告することが目的になり、

本来の目的であるはずの、商品やサービスを売ることをおざなりにしてしまう。

そういう人はアドマンではなく、ドアマンだと。

目的と手段のはき違えですな。

そうではなく、お客がクライアントのドアに入った後も、クライアントと一緒になって、

真摯にガッツをもって事に対する。

それが本者のアドマンだと。

 

その酔っ払いの一言で、青年の道は決まった。

 

今、15年ぶりにあのおじさんのつまらない(失礼!)

だじゃれの影に見え隠れする名言をさかなに、

一杯やりたいものです。

Now Loading...

About this archive

このページには、2008年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年4月です。

次のアーカイブは2008年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。

QR Code

    携帯カメラでカシャッと簡単、全キャリア対応